HomeRPAブログページ活動ブログBizRobo! CAMPUS!!第7回~Chromium編~に参加しました!

BizRobo!ブログ

こんにちは!

RPA新人開発者の戸波です。

先日、RPAテクノロジーズ株式会社主催のBizRobo!初心者向けセミナー、「BizRobo! CAMPUS!!」のChromium編に参加しました。
今回は、BizRobo! CAMPUS!!Chromium編に参加した感想をお話しします。
Chromiumを使ってページを見ることができるようになると、DSでうまく見ることができなかったWebページも見ることができるため、ロボット作成の幅がぐっと広がります。
みなさまのロボット開発のお役に立つとうれしいです!

 

 BizRobo! CAMPUS!!のアジェンダ 


 今回のBizRobo!CAMPUS!!は、以下のような流れで進行していきました。

20220523 BizRoboCAMPUSブログ用 1(出典:RPAテクノロジーズ社 BizRobo! CAMPUS!!のスライド)

 

 Chromiumとは 


 Chromiumとは、オープンソースとして公開されているブラウザレンダリングエンジンで、Google Chromeに搭載されています。
ブラウザレンダリングエンジン:ブラウザの見た目を整えて表示してくれる機能)


20220523 BizRoboCAMPUSブログ用 2(出典:RPAテクノロジーズ社 BizRobo! CAMPUS!!のスライド)

基本的に、BizRobo!上ではDSの「Load Page(ページ読込)」ステップを使ってWebページを表示することが多いと思います。
DSの「Load Page(ページ読込)」ステップでは、WebKitやClassicといったブラウザレンダリングエンジンでページを表示しています。
しかし、WebkitやClassicといったブラウザレンダリングエンジンはJavaScriptなどの非同期処理(あるタスクの進行中に、そのタスクの完了を待たずに別の処理を実行できるやり方)が苦手であるため、BizRobo!上ではWebページの一部が表示されていない状態でロードが完了することがあります。

例えば、以下のような場合です。
次の画像では、BizRobo!の「Load Page(ページ読込)」ステップを利用してマイナポータルのホームページを表示しています。
本来であれば赤枠内にログインボタンやメッセージが表示されますですが、「Load Page(ページ読込)」ステップを利用した画面には表示されておらず、ページが正しく表示されていないことがわかります。


マイナポータルLoadPage

次の画像では、DAのChromiumを利用してマイナポータルのホームページを表示しています。
Chromiumを利用したときは、ログインボタンやメッセージも含めてしっかり表示されています。


マイナポータルChromium

BizRobo!で「Load Page(ページ読込)」ステップを利用してうまく表示されないページを正しく表示するためには、JavaScript等の非同期処理が得意なDAのChromiumというブラウザレンダリングエンジンを利用して、ページを読み込みます。
しかし、最初からすべてDAのChromiumを使って解決してしまうよりも、まずはDSで表示することができないかを試してみてからにした方がよいというお話がありました。
それは、DSの方が使える機能やステップが多い、常に全体を見ながら操作ができる、など利点が多くあるためです。
まずはDSのWebKitやClassicを利用し、どうしてもページを正しく表示できない場合はChromiumを利用する、という手順が適しているとのことでした。


20220523 BizRoboCAMPUSブログ用 3(出典:RPAテクノロジーズ社 BizRobo! CAMPUS!!のスライド)

 

 今回取り組んだ2つの演習 


 演習のポイント
 演習1では、DSで画面を表示しようとすると一部分がうまく表示されないため、その原因を探る方法がポイントになります。
 演習2は、演習1の結果DSの設定を操作しない限りは画面をうまく表示できないため、DAのChromiumを利用します。
DAロボットを使って、どのような手順で表示させるかがポイントです。

20220523 BizRoboCAMPUSブログ用 4(出典:RPAテクノロジーズ社 BizRobo! CAMPUS!!のスライド)

20220523 BizRoboCAMPUSブログ用 5(出典:RPAテクノロジーズ社 BizRobo! CAMPUS!!のスライド)

 演習1(解答)
 まず、プロジェクトを右クリックし、「新規作成」から「Webオートメーションロボット」を作成します。
ロボットの名前を入力します。


DSロボット名前決め

表示するマイナポータルのURLと、実行モード「最小実行(ダイレクト)」を選択・入力します。


DSロボットURL等決める

ここまで設定してページ読込のステップを実行したところ、以下のようなページが表示されました。
本来であれば、赤枠の部分にログインボタンやメッセージが表示されるのですがうまく表示されていません。


うまく表示されていないマイナポータル

うまく表示されない原因を調査するためには、「ブラウザトレーサ」という機能を使います。
DSの画面左上のメニューバーより「ツール」を選択し、「ブラウザトレーサを開く」をクリックします。
ブラウザトレーサは、ロボットを動かしてトラブルが起きた際のブラウザの通信内容にエラーがないかを確認する機能です。


ブラウザトレーサを開く

ブラウザトレーサの画面を開くと、左上に赤い丸印があります。
ここをクリックして、トレース記録を開始します。
このとき、ロボットを更新してからトラブルがあったステップの一つ手前までロボットを実行した状態で、トレースを開始する必要があります。


ブラウザトレーサ

ロボットを更新し、トレースを記録すると以下のようなトレース記録がありました。
JavaScriptタグを開くと、何かしらのエラーが出ているということがわかります。


トレース結果

エラーを解決するために、DSの左上にあるツールバーからロボット設定を開きます。


ロボット設定を選択

開いたロボット設定の画面で、デフォルトオプションの「設定」をクリックします。


デフォルトオプションを設定

デフォルトオプションの設定から「JavaScript実行」タブを選択し、JavaScript変更の「+」マークから「テキストフォーマット」>「テキストの置き換え」の順に選択します。


JavaScript変更

テキストの置き換えで、「let 」を「var 」に置き換えます。
このとき、「let」の後ろにも「var」の後ろにも必ず半角スペースを入れます。


テキストの置き換え

次に、「JavaScriptポリフィル」で「すべて」を選択します。


JavaScriptポリフィル設定

「OK」ボタンをクリックして設定を終了します。
ロボットを実行すると、設定前に正しく表示されなかったマイナポータルのログインボタンやメッセージも含めて、ページが正しく表示されるようになりました。


うまく表示されたマイナポータル

 

 演習2(解答)
 先ほど演習1の最初で作成したロボットの実行モードを、「スマート再実行(フル)」に変更します。
この設定を行わないと、DAでChromiumを利用することができないため、忘れずに設定してください。
ロボット作成時の画面からも設定することができますが、ロボット作成後に実行モードを変更する際はメニューバーのロボット設定から「デザインモード」を選択し、設定します。


ロボット設定を選択

ロボットのデザインモード設定

プロジェクトを右クリックし「新規作成」で、「Desktop Automationロボット」を作成します。


DAロボット作成

演習1で利用したロボットのエンドステップを右クリックし、「Desktop Automationロボットの呼び出しステップ」を選択します。


DAロボットの呼び出しステップ作成

先ほど新規作成したDesktop Automationロボットを利用するために、Desktop Automationロボットの項目で名前を選択します。
Chromiumを利用する時には、「必要なデバイス」のところでデバイス名は設定しません。


DAロボットを選択する

DS左上のツールバーから、「ステップイントゥー」をクリックし、DAロボットのステップ設定に移ります。


ステップイントゥー

右クリックで「参照ステップ」を挿入します。


DAロボットに参照ステップを挿入

参照するURLとしてマイナポータルのページのURLを入力します。


DAロボットに参照URL入力

参照ステップを実行すると、ページが表示されます。


DAロボットでの実行結果

ログインボタン等も含めて、マイナポータルのページがきちんと表示されました。

 

 感想 


 私は今までロボット開発をしている中で、すでに何度かChromiumを使っていたので今回はおさらいをするつもりで参加しました。
改めてChromiumの使い方を学習することができて、とてもよかったです。
また、私は今までDSで画面を表示しようとしてできなかったときに、何も考えずにChromiumを使うことばかりを考えていました。
しかし、今回のセミナーではChromium利用時のポイントだけでなく、演習1で紹介したようにDSの設定を操作することでページを正しく表示する方法も学習することができたので、ページ表示における不具合の解決策も学ぶことができました。
これからは無意識にChromiumを使うことでページの表示問題を解決しようとせずに、一度立ち止まってどのやり方や解決策が最も適しているのかを考えながら、ロボット開発をしていきたいと思いました。

第7回のBizRobo! CAMPUS!!は少し先の7/8(金)で、DSのファインダー編が開催予定です。
また感想を共有いたしますので、ぜひお読みいただけますと幸いです。

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

<RPAの導入につきまして>

 本Blogは、お役に立ちましたでしょうか?

 RPAは、一般的な業務システムとは異なり、PoCを実施し、導入・運用開始で終わりでははありません。
 導入時点からようやくスタートです。
 業務効率化、人員最適化等の目標に応じた計画策定や人員配置、自動化ロボットの開発・運用といったPDCAサイクルが必要です。
 弊社では、貴社の課題に適した自動化プランのご提案や開発者育成研修も実施し、貴社と並走したサポートをご提供いたします。

 お気軽にお問い合わせください。
 BizRobo!や弊社サポートについて詳しくはこちら >>> サービス紹介 - BizRobo! (自動化ツール)

 

大阪本社
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町2-2-7 山口興産堺筋ビル3階  アクセスマップ
TEL:06-6266-0440   FAX:06-6266-0450