2007年

携帯機能を活した一般市販薬製造メーカー向け「おくすり飲み忘れサービス」実施

インターネット関連システムの開発や企画運営、および企業向けシステムの開発を手がける株式会社ミュートス(本社:大阪市 代表取締役 久常真嗣 以下、ミュートス)は、携帯電話機能を活かした一般市販薬製造メーカー様向け「おくすりの飲み忘れアラームサービス」のリリースを行うことになりましたのでお知らせいたします。

一般市販薬メーカー向け「おくすりの飲み忘れアラームサービス」 概要

携帯電話による「おくすりの飲み忘れアラームサービス」の目的 一般市販薬の消費者(患者)に対する販売促進の一環として導入するサービスシステム。 携帯電話のアプリケーション機能と市販薬に印刷されているバーコード(注1) データを読み取ることにより、定期的に服用が必要な時間を携帯電話に搭載されている 「アラーム」機能を鳴動させ服用時間を告知するサービス。 機能概要)

  • 一般薬のサービスの一環として携帯のアラーム機能によって添付文書のお薬の服薬時間を患者に通知する。
  • 携帯アプリダウンロード、待受けアプリ設定後、バーコード(JANコード)(注1)を読込むだけでアラームを設定可能。
  • 用法規制が可能。
    (例:3歳未満の場合、使用できない旨、携帯画面で通知する。年齢取得は服薬情報読込み時に年齢を画面から入力する)
  • 当社ASP(注②)でサービスを実現する。

応用サービス

当サービスは、製薬メーカー様向けに開発をした「治験コンプライアンスサービス」システムの応用を一般市販薬メーカー様にASPサービスにて当社が提供するものであります。

利用のメリット

  • バーコード(JANコード)(注①)を使い、処方薬の服用時間などを携帯電話のアプリケーションに直接組み込むことにより患者の服用用途に応じて携帯電話に搭載されているアラーム機能を鳴動させ、治療薬としての服用精度を高めることができる。
  • 患者に対する処方薬服用サービスの向上
  • 一般市販薬販売促進の差別化

特許申請について

当サービスは「ビジネスモデル特許」の出願申請中であります。(「特願2007-304834号」)

※注① バーコード(JANコード)

JANコード(ジャンコード、Japanese Article Number)は、商品識別コード及びバーコード規格のひとつ。

※注② ASP

アプリケーションサービスプロバイダ(Application Service Provider)(略称・ASP)は、 英語の訳の通りアプリケーションサービスを提供する組織(事業者)/機構/サーバを指す 言葉である。一般に用いる場合、事業者を指す言葉である事が多く、業務用のアプリケーショ ンソフトをインターネットを利用して、顧客にレンタルする事業者あるいはサービスを指す。 利用者はインターネットに接続された環境で、ブラウザソフトを使ってASP事業者のサーバ にアクセスし、ASP事業者から提供される各種アプリケーションソフトを利用する。 (フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

 

以上

PDFダウンロード

大阪本社
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町2-2-7 山口興産堺筋ビル3階 アクセスマップ
TEL:06-6266-0440   FAX:06-6266-0450
東京本社
〒103-0025
東京都中野区中央1-38-1 アクセスマップ
TEL:03-6264-9033   FAX:03-6264-9044